M・Mさん(大分県:女性:40歳)

カテゴリー:咬合治療 , , , , , ,

 主訴は不眠症ということで受診いたしました。他に、後ろ首、後頭部、重度の肩こり、腰痛、手足の痺れ等がありました。

 7月20日に装着開始しました。

 先生から装着していただいた時点で、後頚部の痛みが軽減するのを感じ、治療用プレートを装着したまま、帰宅しました。帰りの飛行機やバスではうとうとしていしまいました。(リラックスして座っているときのほうが眠気が来るようです)

 21日は1日中装着し、22日は職場で補綴用プレートを装着していましたが、会話に不自由を感じ、午後ははずしました。

 会話は、治療用のほうがしやすいので、23日からは不審がられるかもと思いつつ、治療用プレートを装着して勤務しました。

 私自身の現在の状況は、睡眠薬の服用はまだ必要ですが、目が覚めたときには明るい(夜中に目が覚めない)、朝、体がだるいけれども、いや~な感じでなく泳いだ後のような疲労感です。

 また、以前から行っていた肩甲骨や骨盤を動かす体操ですが、装着して体操をすると、頭が動かず、効果的に体幹が動いていることを感じます。(頭を動かさずに、体幹を動かすことで、結果として頚椎等が動くということらしいです)

 しばらく前は就寝前に1時間くらいストレッチに時間をかけないと翌日の出勤がままならないこともあったことを思うと、この数日何もせずに寝ていたことに驚いています。

 また、この1週間、かなりヘビーにパソコンを叩きまくる日が続いたのに、そういえば、肩こりが起きていません。

 もう、人に見られようが、治療用プレートは手放せません。まだ、睡眠が自然に訪れるようになるには程遠いように思われますが、肩こりの軽減だけでも相当な効果を感じています。

 おまけの効用として、プレートをつけているときのほうがラクなので、食べたら歯磨きし装着、すると間食防止にも大いに効果を発揮しています。また、不眠の改善が得られたらご報告したいと思います。