M・Sさん(千葉県松戸市:女性・56歳)

カテゴリー:咬合治療 , ,

 暑中お見舞い申しあげます。梅雨明けはしていないようですが、暑い毎日ですね。私は、千葉県松戸市に住む56歳の専業主婦の、M.Sと申します。

 私は、’07年11月頃から椎間板ヘルニアから、坐骨神経通となり、突き刺す様な痛みに、20年も続けていたスポーツクラブでのダンスも痛みで出来なくなってしまい、クラブも退会し、めげていました。

 毎日、整形外科に通い、電気、牽引をし、注射や飲み薬の効き目もあるのかないのか、痛みは軽減されず、1週間に1度の整体通いや針等もしていましたが、良くはなりませんでした。

 何とかしたいと思い、インターネットで検索したところ、「バイオクリニック」に行き当たりました。半信半疑で、説明会に参加し、納得してバイオプレートの治療用と補綴用を作りました。

 ’08年4月8日に出来上がったバイオプレートを、さっそくその日から装着しました。出来るだけ沢山の時間を治療プレートを装着し続けました。

 3日目に、嘘の様に痛みが殆んどなくなり、痺れはあるものの、スタスタと歩けるようになっていました。ただ、かみ締め過ぎたのか、肩凝りはしましたが、今では当時程凝りはありません。

 1ヶ月過ぎる頃からは、更年期障害と言われていた不眠の症状も改善されて、5年位毎日飲まずには眠れなかった睡眠薬とお別れ出来、憂鬱になる事の多かった神経症の症状もなくなり、飛蚊症の症状まで軽くなり、まるで奇跡が起きたようで、嬉しくて仕方ありません。心軽くなった事は私にとって、神経痛改善以上に嬉しい出来事でした。

 ただ、バイオプレートを装着していると、口が閉まらず、イライラする事もありますが、これだけ気持ちも明るくなり、体も痛くなく、夜中に一度位しか目覚めなくなり、いい事ずくめなので、時間の許す限り装着しています。

 説明会の時に、装着していると、若返るとのお話もありましたので、ずっとプレートのお世話になりたいと思っています。

 上西先生はじめ、バイオクリニックの皆様には、感謝の気持ちでいっぱいです。有難うございました。今後も、宜しくご指導下さいますようにお願い致します。

 まだ、三ヶ月程で、このように色々の症状が改善されたのですから、きっと治ってしまうと信じています。整形外科では、手術しないと完治しないと言われた椎間板ヘルニアですが、完治すると信じられるので、これからもプレート治療に励みたいと思っています。

 今後の経過もお知らせしたいと思っています。