Y・Kさん(千葉県流山市在住:男性:59歳)

カテゴリー:咬合治療 , , ,

 バイオプレートを使い始めて、丁度5年が経過しました。状況は益々良好です。

 2003年の2月に仕事上のトラブルが原因となって睡眠障害を起こし、それから約半年間不眠症に悩まされていた時に、インターネットでバイオプレートが睡眠障害に効用があるとの情報を得ました。

 その時の状態が深刻だった為、躊躇する事無く説明会に応募、参加しました。

 その説明の中で、顎関節症が引き起こす不眠のメカニズムと、その不眠にバイオプレートがどのように作用するのかが判り、迷う事なく、プレートを購入・使用することを決めました。

 使い始めた時は涎が出たり、プレートがハズれたりして違和感があったのですが、それも程なく涎も出なくなり、ハズれる事もなくしっかりとした装着状態を保てるようになりました。

 問題の不眠症の効果は1ヶ月ほどで顕れてきました。そして、その状態が徐々に改善され約3ヶ月後には殆ど元通りになっていました。

 バイオプレートを使い始めて睡眠の質そのものが改善され、今では睡眠障害を起こす前より、よく眠れるようになっております。

 バイオプレート治療によって起こった変化としては睡眠障害の効用に加えて、永い間悩まされていた花粉症や、ドライ・アイ、疲労体質等が改善されてきたという事です。

 このような事が、直接バイオプレートの効用かどうかは私自身にはよく判りません。

 ただ、このような変化がバイオプレートの治療を始めた後に起こった事と、治療を続けていく中で、益々改善されている事は紛れもない事実です。

 免疫力が上がる事によって、肉体的、精神的な面にプラスに作用しているのでしょう。今では、気持ちの持ちようまで明るく前向きになり、より積極的になっています。

 因みに私が使用しているのは治療用で、使い始めの頃は休日の運動している時や、車の運転している時にも装着していたのですが、今では就寝時間(約7時間)だけです。

 今後も使用していく中で、参考になるような結果が発見できたら報告させて頂きます。