H・Hさん(神奈川県藤沢市:男性)

カテゴリー:咬合治療 ,

定年1~2年前から腰の痛みには気がついていましたが、ただの腰痛だろう位に思っていました。定年後、掃除の会社に再就職しましたが約1年後、左でん部から左足後位部に痛みがでて、歩けないような状態になりました。

腰からふとももの後ろにかけ、締め上げるような痛みで立ち上がるのでさえつらい状態になりましたが、横になっていれば、その痛みは感じず天井を見上げて、寝ているしかない状態でした。この先どうなるんだろうと不安ばかりでした。

たまたま、その2~3ヶ月前にインターネットでバイオプレート治療を知りましたが、対症療法ではなく、根本治療ということで興味を持ち、説明会にも参加し、治療を始める段取りもできており、発症とバイオ治療開始とのタイミングが偶然一致したことは幸いでした。

仕事の方は残念ながらも辞め、治療に専念することにしました。プレートを使った翌日には“この坐骨神経痛は治る”と実感できたことはおどろきでした。

バイオ治療の前には整形外科、整体と通いましたが効果がなく、特に整形外科の治療は疑問に思うことが多々ありました。