K・Sさん(埼玉県川口市:男性)

カテゴリー:咬合治療 , ,

 治療を受ける前は、1週間に1~2日は、酷い肩こり(特に左肩)と首の痛みが出ることが多く、頭痛も起きて頭痛薬を服用しないと駄目な日々が続いておりました。あと、頭痛の症状が酷くなったあたりから急に体重が増加し始め、これはやばいと思うようになりました。

 数年前にテレビの番組で、顎のずれの特集をしていたものを見た時、「割り箸を噛んでみて、斜めになっていたら顎がずれている」というチェック方法が紹介されていました。

 それを試した時、思いっきり斜めになっていたので、それ以来、なんとなくですが、特に左肩が痛いのは顎のずれではないかと思っておりました。(証明写真等をみても、顎のずれがはっきりとわかるくらいずれている状態でした。)

 こんな状態の中、治療を開始する前の1年弱くらい前から、やけに酷い頭痛がするようになっており、特に酷い時は土日等寝込んでおりました。

 そんな時、メールマガジンでバイオプレート治療を知り、駄目でもともと・・・みたいな気分で説明会に行き、治療を開始する決心をしました。

 治療を開始してまず驚いたのが、嘘みたいに鼻の通りが良くなったということでした。アレルギー性鼻炎があり、寝る前や寝起き等は特に鼻づまりが酷く、鼻閉感がいつもしている状態でしたが、それが全くない状態になりました。

 他の症状ですが、1週間もしたら、頭痛がしなくなっており、不思議と身体が軽い感じになっておりました。治療を開始してからは、頭痛薬のお世話にはなっておりません。

 以前は、全身が硬直しているともなんともいえない「バッキバキ感」があったのですが、身体が楽に動く感じになっていました。

 軽い運動をすると良いとあったので、10分程度のストレッチ等を行うようにしていたところ、なんと体重が激減しました。激しい運動ではなく、簡単なストレッチ等をしていただけなのですが。

 治療を開始した時は、77キロまで体重が増えていたのですが、6月時点で71キロ弱まで体重が減り、体調も良い日々が続いております。

Q1.初診時の悩みは何ですか?
 肩こり
 首こり
 酷い頭痛
 軽いめまい・フラフラ感
 急激な体重増加

Q2.「Q1」でお答え頂いた症状が発症し始めたのはいつ頃からですか?
特に酷くなったのは約1年弱前。
⇒今考えると、横倒れの親知らずの抜歯治療をした時からのように思います。

Q3 「Q1」でお答え頂いた症状は生活へ影響はありましたか?
頭痛薬を飲まないと耐えられない状態に。
また、酷い時は土日に寝込む状態に。
⇒寝込むことも体重増加につながったように思います。

Q4 どのような治療を行いましたか?
 酷い時はマッサージに行ってみたことはありましたが、気休め感があったので、結局、頭痛薬を飲んで耐えている感じでした。

Q5 バイオプレート治療を知った切っ掛けは何ですか?
 メールマガジンを見て。

Q6 バイオプレート治療を始めようと思った決め手
 説明会を聞いたことです。顎のずれではないか?と思い始めていて漠然と思っていたことが、上西先生のお話と一致することが非常に多かったからです。

Q7 治療を開始して良くなった点を教えてください。
アレルギー性鼻炎の症状の軽減。鼻閉感がなくなったこと。
 体重の減少。
 肩こりの改善。
 首凝りの改善。
 軽いめまいやフラフラ感がなくなったこと。
 身体の重い感じがなくなったこと。
 精神的に前向きになったと思います。

Q8 症状が良くなったことにより、どのように生活に変化がありましたか?
 寝起きのだるさはなくなりました。やる気が出て、物事にすぐ取りかかれるようになりました。10分程度の軽いストレッチが楽しくなりました。(以前は身体を動かすのが面倒くさくて嫌いな方でした。)1時間程度の散歩をするようになりました。食事の際、よく噛んで食べるようになりました。

Q9 周囲の方の反応は?
 まず、痩せたことに驚かれました。あと、表情が明るくなったと言われることが多くなりました。

Q10 主訴以外の症状
 アレルギー性鼻炎の症状の緩和鼻閉感がなくなりました。また、風邪をひいた時以外は、時々は鼻水が出ますがほとんど出なくなりました。以前はポケットティッシュがないと外出できないくらいだったのですが、現在はポケットティッシュが無くても平気なくらいまでになりました。