R・Nさん(栃木県日光市:女性)

カテゴリー:咬合治療 , ,

 以前より座骨神経痛や、腰痛、肩こり等で悩まされる日々の生活を送っていました。
 特に座骨神経痛は、天気や湿気など気温の変化により、痛みは頂点に達してしまう恐ろしい病ですが、かかった人でなければ、この痛みは、わかっていただけないので、誰に話しても、フーンと聞き流されるだけでした。

 そんな時、インターネットでバイオプレートを知り、私の目はその文章にくぎづけになりました。しかし、半信半疑で、しかも座骨神経痛の治療に歯がどう関係するのかと信じられない気持ちと、神にすがる思いとで説明会への参加を申し込みました。

 上西先生の説明を聞けば聞くほど納得しました。あまりにも話がじょうずということもありました(笑)

 バイオプレート治療を始め、1ヶ月~1ヶ月半位たったころ、フット気づくといつも痛むか所が痛くないのに気づきました。また冬に何かっている時でこんなことって、本当かな~、と治療を始めてもまだ信じられませんでした。

 しかし、治療を始めた以上、装着の時間や決め事は守り、散歩やウォーキング時も心掛けてつけました。今度の冬(昨年12月~3月)は座骨神経痛はほとんど痛むことなく、夜寝られないことはなくなりました。

 以前は、“ズキンズキン”と、ひざの裏の激しい痛みに夜もほとんど寝れず、しかも上体を起こして寝るような状況でした。

 本当にバイオプレートに出会えて良かったです。