R・Iさん(静岡県菊川市:女性)

カテゴリー:咬合治療

 私は12年程前から甲状腺機能亢進症の治療を始めましたが、その10年以上前から症状がありましたので、随分と病気が悪い状態でした。

 その後7年かけて薬の治療はなくなりましたが、その数年前から不眠症になり、全く眠れなくなりました。薬を飲んでも体調が悪く昼間はぼんやり過ごす毎日でした。1年前にインターネットでこのプレートの事を知ってなんとかならないかと思って治療を始めました。

 初めプレートをして、寝た時なにか違うなと思いました。そして3日目にスーッと自然にぐっすり眠れました。7年振りに薬を飲まずに自然に眠れました。それからは良くなったり、ストレスで眠れなかったりのくり返しでした。

 でもストレスがあって今日はだめかなと思った時は、このプレートがあると思い、大丈夫だと言い聞かせています。

 そして去年の暮れ、プレート治療開始から1年程経った時甲状腺ホルモンの値が正常になっていました。長い間甲状腺ホルモンが必要以上に出たため機能低下症になってきていました。甲状腺ホルモンが正常になりほんとうにおどろいています。

 最初にバイオプレート治療の説明を聞いた時はあごのずれがあるのかどうか、それが原因なのか半信半疑でした。自分がストレスを感じやすいのか受けやすいのかということも、自覚できる位に改善してきたと思っています。あごのずれを直すことで、体調が少しづつよくなっている事を実感しています。

 これからもどうぞよろしくお願いします。